« 学会抜け出しました | トップページ | 乳癌検診講習会 »

2005年7月16日 (土)

クリティカルパス研究会

大阪から帰ってきて、そのまま今度は、クリティカルパス(クリパス)研究会で発表してきました。

クリパスは、入院中の患者様の治療内容をまとめた計画書みたいなものです。

この計画書に沿って、治療がなされていきます。当院では、入院中の患者様の90%以上の方がこのクリパスにのっとって治療がされています。

へ~っと思った方は、クリック!クリック!

人気blogランキングへ

クリパスを導入することにより、医療の標準化、効率化、医療内容の公開などがなされ、より透明性の高い医療を提供できるようになります。

ちょっと難しいでしょうか?

要は、医者がそれぞれの経験に基づいてさじ加減を加えてた医療から、より統一の取れた質の高いEBMに基づいた治療が可能になります。まだ難しいかな?

EBM:evidence based medicine 科学的根拠に基づいた医療

|

« 学会抜け出しました | トップページ | 乳癌検診講習会 »

医療」カテゴリの記事

コメント

当直医が早退し朝一番の新幹線・福知山線で宝塚まで行くと言うので 何があるのかと思っていました。御一緒の内視鏡学会のようです。
クリティカルパスは医療の標準化はできるだろうけど、ただのチェックリストにもなりうると思う。流れに沿って行いただチェックされていることも多い。
統一された医療提供の上に、どれだけその患者個人のことを考えているのかが大切だと思う。皆で医療計画を立案すればいいこと? これが医者のさじ加減!? 違うんだろうな~
ここで使われているさじ加減とは 悪い意味なんでしょうか?ね??

投稿: umi | 2005年7月18日 (月) 09時37分

umiさん医療関係に詳しいようですね。ご指摘の通りです。クリパスを使っても、きちんと患者様個人を診ないとだめですね。でもこのクリパスで、経験上必要だと思われた治療が、本当は省くことが可能だったりすることがわかってきて、医療の改善に役立っています。また、治療内容を、わかりやすく患者様に説明できるようになったのもいいですね。

投稿: 雲流 | 2005年7月18日 (月) 18時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101056/4995433

この記事へのトラックバック一覧です: クリティカルパス研究会:

« 学会抜け出しました | トップページ | 乳癌検診講習会 »