« 今日のトレーニングメニュー | トップページ | 少子化だけでなく少産婦人科化 »

2006年1月19日 (木)

一人っ子は問題あり?

少子化による問題点です。

個人的な意見です。聞き流してください。

人気blogランキングへ

誤解を恐れずに言うならば一人っ子には、問題があります。(問題がある場合があります。)

現在、一人っ子が増えている現状があります。この原因には、社会情勢による少子化と、晩婚化による少子化の両方あると思います。

必然的に、一人っ子だと過干渉になります。今、1人で顔も洗えない子供が増えているのです(全部親がやってあげるから)。

先日シンポジウムのため中国に行く機会がありました。中国の人が嘆いていました。中国は人口増加のため一人っ子政策がとられた。しかしその一人っ子たちは、わがままで、自分本位の大人に成長したため、社会が乱れてきたと・・

お父さん、お母さん、子供を甘やかさないでください。干渉し過ぎないでください。親のつとめは、子供が1人で世間を行きぬく力をつけてやることです。一人っ子でも、二人でも、三人でも甘やかしていないと自負できる子供を育てましょう。できることなら、たくさん兄弟姉妹を作ってあげましょう。子供たちのために。より良い社会を作るために。日本の未来のために。

他人の子を叱り飛ばせる親父になるのが夢です。

ちょっと飲みすぎました。熱いトークは語りつくせません。でもこの辺で!

|

« 今日のトレーニングメニュー | トップページ | 少子化だけでなく少産婦人科化 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

先生、同じようなこと思ってました!!

お酒でも飲んで、語りたい! な~んてm(__)m

大きい問題の見方として、少子化は問題だと思ってます。
では、何をしましょう!?
不妊経験の私は、もう一人という感覚はありません。
できないという確信があったりして。
一人授かったのも、ありがたいというところです。
自分達の日々の経験の中で、この子にも兄弟がいたら将来も
良いかも。と思うこともありますが。
でも、出来ないので、まずは今です。

先生の病院の母親学級で、こんなことをお聞きしました。
『青い鳥のお話のなかで、こどもの国というところがあって、自分の親に会う順番を、子供達が待っているという場面があります。あなた達は、おなかの赤ちゃんに選ばれたのですよ』

自分の子と言うよりも、1人で生き抜く力がつくよう、命を預かるのですね。
そしてその間、子供を通しての教えを一緒に育むのかも...

おっしゃる通り、子供甘やかしてますね。
なのに親のハケグチになってたり、
希望を押し付けたりで、行き場のない子達。という事も気になります...
今後、少子化でありながら、施設の子も増えるのでは...と思うと、涙がでます。
今ある命を大切にする方法も、あるかもしれませんね。

選ばれる親になったら、また授かれるかな~(^_^;)
そんなホルモン(?)力(?)のでる注射でもあったらな~。

長々と、m(__)m


投稿: 雪あさま | 2006年1月20日 (金) 23時47分

私も同感です。
子供を育てるのは難しいですが、子供の数だけ笑顔あり、幸せがあります。
私は自分ではランニングを楽しみながらも、長男の少年野球チームでコーチをしております。
「他人の子を叱り飛ばせる親父」!
同じことを考えてましたね!

投稿: あきら | 2006年1月22日 (日) 06時05分

読み返すと、誤解を受けそうな文ですね。
一人っ子が問題なのではありません。気を悪くされた方がおられたら申し訳ありません。
子供をたくさんほしいと思う人が、たくさん子供を持てる世の中になってほしいと思います。

投稿: 雲流 | 2006年1月24日 (火) 18時12分

ブログに参加したくて勝手にコメント送ったことで、
m(__)m
日記なのに...ですよね。

そうですね。
すぐに結果の出せないお話なので、
まずは目の前にある具体的なことを、一つ一つやっていきましょう。
母としては、父親のたくましさ、祖父母のありがたさ、
友達の大切さ...などを子供に伝えていきたいです。
(姪っ子、甥っ子、近所の子も含めて。)
先生が、いつまでもかっこいいお父さんでありたいように、
家族を照らせる太陽でいたいですね。
母としてだけでなくて妻としても。
...そしたら、この子達の世代は、子供がたくさんに
なるかな...と思いつつ。

これからもブログ楽しみに拝見致しますね。


投稿: 雪あさま | 2006年1月26日 (木) 18時03分

私も同感です。
主人も私も兄弟姉妹に囲まれて成長してきました。
今、成人になっても、このような兄弟関係の中で得られたことが、日々の生活の行動や言動に大きく影響を与えているな と感じることがあります。

先生のお蔭で、やっと赤ちゃんと巡りあうことができました。
できれば、子供は、あと1人か2人は欲しいです。
でも、今までのことを考えると ちょっと無理かな と思うときもあります。
今は、保育園の0歳児教室など 地域の交流会に積極的に参加することで、、この子が、いろんな人と触れ合う場をもつようにしています。
お友達と兄弟では違うことが多いかもしれませんが、少しでもプラスになるかな と思って。

これからも先生のブログ 楽しみにしています。

投稿: 山のぺんぎん | 2006年1月31日 (火) 11時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101056/8239337

この記事へのトラックバック一覧です: 一人っ子は問題あり?:

» みんなで走らなきゃ! [いちあま「駅伝チーム」 夢の都大路へ、さあ!出発だ!!]
=== みんなで走る事の意義 === {{{  1,ただ一緒に走るだけで、気持ちが高まる。  2,ただ一緒に走るだけで、動きの良い選手のフォームを学ぶ事ができる。  3,ただ一緒に走るだけで、良いリズムを体感できる。  4,ただ一緒に走るだけで、友達になれる。  5、ただ一緒に走るだけで、ライバルが出来る。  6、ただ一緒に走るだけで、未来の自分が見えてくる。  結果:ただ一緒に走るだけで強くなる! }}}  皆さん、一緒に練習しましょう!後輩と練習しましょう!先..... [続きを読む]

受信: 2006年1月26日 (木) 14時06分

« 今日のトレーニングメニュー | トップページ | 少子化だけでなく少産婦人科化 »