« 大晦日 | トップページ | 餅つき »

2006年1月 1日 (日)

明けましておめでとうございます

また新しい一年の始まりです。

昨夜の当直は、大きな出来事もなく、静かな年越しとなりました。

珍しく、夜赤ちゃん産まれませんでした。

昨年の分娩数は、1700件を越えました。ここ数年どんどん増えている状況です。

少子化に伴い、近隣の産婦人科が分娩の取扱を止めたり、産婦人科医の高齢化のため、取扱分娩数を制限したりしているため、当院のような中核病院に患者様が集中する傾向にあります。

そのため、外来が大変混雑してしまったり、入院中も満足の行くケア-ができなかったりすることがあります。

今日本の、周産期医療は(産科、小児科)、大変な岐路に立たされています。その主は、産科医、小児科医のなりてが少ないためです。

私にできることは少ないですが、少なくとも私の住む地域の人たちが、分娩する場所に困ることのないよう、安全で快適な分娩環境を提供できるよう今後も頑張っていこうと思います。

皆様の暖かい励ましが、心の支えです。今年も目標を見つけ、ブログをつづけていこうと思いますので、応援よろしくお願いします。

人気blogランキングへ

|

« 大晦日 | トップページ | 餅つき »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101056/7938193

この記事へのトラックバック一覧です: 明けましておめでとうございます:

« 大晦日 | トップページ | 餅つき »