« 初トレーニング | トップページ | 赤ちゃん無事保護 »

2006年1月 6日 (金)

仙台新生児連れ去り事件

大変な事件が起こりました。

ご両親の気持ちを考えると、とてもつらくなります。

今は赤ちゃんの無事を祈るばかりです。

人気blogランキングへ

昨年アメリカの病院を見学してきました。向こうはセキュリティーがかなり厳しかったです。産科の病棟に入るには、鍵がかかっていて、承認なしでは入れないようになっていました。また赤ちゃんには、みんなセキュリティータグがつけられていて、病棟から連れ出されそうになると、大きな警報が鳴り、ドアがロックされます。アメリカは、治安が悪いからね!と思っていましたが、日本も同じ状況になってきました。

当院でも、新生児室には鍵を掛け、侵入できないようになっていますが、基本的には母児同室なため、今回のように部屋から連れ去られては、防ぎようがありません。

アメリカは、お産後1泊2日で退院するため、入院中に家族や親戚がお見舞いに来る風習はないようですが、日本では赤ちゃんが産まれると、入院中にお見舞いに行こうということが多いですね。実際当院でも日曜になると、多くの方がお見舞いに来られ、病院は平日よりにぎやかなこともあるくらいです。良し悪しはありますが、ほのぼのした日本の良き風習です。今回の事件は、このフリーアクセスの日本の産婦人科事情を見直さなければいけないかもしれません。できれば、病院側の管理を批判するマスコミが出てこないことを祈ります。もし病院の管理が問われれば、産婦人科へのお見舞いはなくすしか方法がないことになってしまいます。

最近、心がすさんだような事件が多いのがさびしい限りです。

|

« 初トレーニング | トップページ | 赤ちゃん無事保護 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

今年もよろしくお願いします。

朝のニュース速報で「赤ちゃん無事保護」を知らせていました。
本当に無事でよかった。

考えられない事件が起こる世の中になってしまいましたが、せめて自分や家族だけでも、真実を見失わないよう、過ごしていかなくてはと思います。

投稿: m.s | 2006年1月 8日 (日) 08時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101056/8037729

この記事へのトラックバック一覧です: 仙台新生児連れ去り事件:

« 初トレーニング | トップページ | 赤ちゃん無事保護 »