« 少林山に登る | トップページ | 不妊治療の功罪 »

2006年3月24日 (金)

みのもんた医者ズバッ

面白く見せていただきました。

そうそう!とか、そこまで言わなくても!見たいなとこもありましたが、全体的には、医療を良い方向にと言う感じは伝わってきたので良しとしましょう。

しかし、ゲストの人たちの医者への突っ込みはちょっときつすぎた感じですね。そんなに悪者にしないで!それに、こんな医者にドクターハラスメントを受けたという例には、産婦人科医が3人も出てきて、また産婦人科のイメージダウンです。残念。

最後にゲストの1人が、言っていた言葉が印象的でした。

「こうゆう番組で、制度が悪いと言う話になるとつまらない。制度はだんだん変わるだろうから、それまでは、あなた方、今のお医者さんにがんばってほしい!」と、なるほど、がんばります。

人気blogランキングへ

|

« 少林山に登る | トップページ | 不妊治療の功罪 »

医療」カテゴリの記事

コメント

わたしも見ましたー。
3月に手術をしたばかりなので興味津々。

確かにゲストの方々の突っ込みはキツイこと言ってましたが
その人がお医者に行って感じた本音だろうなぁ・・と・・
私だって皮膚科に行って嫌な思いもしたことあるし・・

そしてドクハラで産婦人科医が出てきたのはビックリしました!
でも安心して下さい。
先生はドクハラのドの字もないし、
なかなか患者にとっては行きずらいとこですが安心して通えます。

それに私は職場がいやでいやでしょうがないのですが
先生の病院に勤めてみたいなと思いました。
それはやりがいがありそうだからです。

すべての病院が患者のために良くなれば、
そして相談等なんでも言えてそれに答えてくれる先生がいれば
ありがたいですね。

わたしは先生の良くしようという頑張っている姿が好きです!!

投稿: なお | 2006年4月 2日 (日) 13時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101056/9243243

この記事へのトラックバック一覧です: みのもんた医者ズバッ:

« 少林山に登る | トップページ | 不妊治療の功罪 »