« VBAC | トップページ | ようやく仕事終わった »

2006年5月21日 (日)

帝王切開のリスク

人気blogランキングへ

最近は安全を考えての帝王切開が増えています。

前回の分娩が帝王切開の場合は話しましたが、その他骨盤位(逆子)や双胎なども、そのほとんどが帝王切開になっています。

赤ちゃんにとっては、ストレスの少ない安全な帝王切開ですが、お母さんにとっては、リスクもあります。

その一番が、血栓症と肺梗塞です。

エコノミークラス症候群というと聞いたことがある方もいると思います。手術後しばらく寝ていると、血液の流れが悪くなり、足の血管の中に血の塊ができてしまいます。これが血栓です。これが歩いたとき、血管の中を通って肺まで流れていって、肺に詰まって呼吸ができず死亡してしまう重篤な病気です。帝王切開後の3000人に1人の致死率です。

予防として、早く歩き出したり(早期離床)足にマッサージ器をつけて血流をよくしたり、薬を使ったりします。でも一度起こすと突然亡くなってしまうこともある怖い病気です。

|

« VBAC | トップページ | ようやく仕事終わった »

医療」カテゴリの記事

コメント

帝王切開ってリスクが高いんですね。
思っていたよりずっと大変そうだなぁと思いました。
陣痛で苦しんでいる時には、お腹でも切って早く出して!
なんて思ってしまいましたが・・・。
そんな簡単な事ではないんですね。
友人でも帝王切開の子は数人います。
産後、そのような危険な状態に陥る人がいる事を考えると、
お産って本当に命がけなんだなぁとつくづく思ってしまいます。

投稿: 俊ママ | 2006年5月22日 (月) 08時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101056/10176926

この記事へのトラックバック一覧です: 帝王切開のリスク:

« VBAC | トップページ | ようやく仕事終わった »