« 今回の発表 | トップページ | 子供とトレーニング »

2006年6月24日 (土)

生殖医学会報告

無事シンポジウム済ますことができました。

今回のテーマは、排卵誘発効果についてです。

東大の先生が、加齢と排卵について、慶応の先生が、卵巣嚢腫摘出と排卵について、私が多嚢胞性卵巣症候群の手術療法について、自治医大の先生がやはり多嚢胞性卵巣症候群の薬物療法について、群大の先生が卵巣過剰刺激症候群について、発表しました。

そのあと、5人が壇上に上がり、フロアーからの質疑応答となりました。私の発表に対してもいくつかの質問があり、興味を持っていただいたことをうれしく思いました。

せっかく発表しても、質問がひとつもないのはつまらないものです。

学会終了後、懇親会として、主管の群大の先生方とシンポジウムの先生方と食事会がありました。普段あまり交流のない先生方との話はそれなりに刺激になりました。

忙しかった6月もこれでひと段落です。

|

« 今回の発表 | トップページ | 子供とトレーニング »

医療」カテゴリの記事

コメント

お疲れ様です。
お忙しいのに何でもチャレンジし着々と
こなしていく姿。。。尊敬です。
マラソンも子供さんも楽しみでしょうね。
頑張ってください。

投稿: モコモコ | 2006年6月25日 (日) 20時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101056/10669228

この記事へのトラックバック一覧です: 生殖医学会報告:

« 今回の発表 | トップページ | 子供とトレーニング »