« 子育てサークル2 | トップページ | 平成不妊研究会 »

2006年11月25日 (土)

今日も当直

http://kumonoyouni.cocolog-nifty.com/blog/2006/11/post_4bdd.html#comments

なんとも辛口なコメントをいただきました。

万人むけのブログは難しいですね。いつも考えている問題です。

また、ブログの内容は断片的な情報にすぎないのに、これが全てと取られても悲しいですね。

現在の情報社会における問題は、さまざまな情報がある分、それをきちんと理解しないと、見えているつもりのものが、実は全く見えていなかったりする点です。

医療過誤や、医療事故、またそれにまつわる最近の医療報道について特にそう思います。

これは、私が、医療者だから、実情を知っているので、「その報道の仕方は絶対おかしい」と言うことが、わかるからだと思います。他の業界の報道でも同じことが言えるのでしょう。

情報を一元的にとらえず、多方面からみる目を養うことが非常に重要です。

人気blogランキングへ

|

« 子育てサークル2 | トップページ | 平成不妊研究会 »

医療」カテゴリの記事

コメント

本当に万人向けのブログって難しいんですね。
でもほとんどの人が、見たくて見に来ているのでは?
と私は思うのですが・・・。
もし見たくなければ、素通りすればいい事ですし。
私は、今まで通りのブログを先生には、
続けて欲しいと思っています。

そう思っている人たちが沢山いると思っていますよ。
この辛口コメントに負けず、今まで通り、楽しいブログの
更新をお願い致します。

佐藤病院でのクリスマス会、楽しみにしていますね。
今年は初参加してみたいと思っています!
駐車場ってやっぱり混雑してしまうのでしょうか?

投稿: 俊ママ | 2006年11月25日 (土) 22時32分

人それぞれの考え方の違いですよね。
先生が忙しい中、家族のことも考えてるのはすごいと思います。
「忙しい、忙しい」だけのブログなんて、誰も期待してないですよ。
不妊治療中だからって、別に子育てサークルの話だって平気というか、逆に私もいつか参加できたらなぁなんて思って読みましたよ。
産婦人科医が今減ってきていて、大変なのは知っていますが、先生のブログを見て、「あっこんな風に出来るんだったら、やってみようかな」って思う人だって出てくるかもしれないし。
先生も普通の人。
大いに人生楽しんでくださいね。

投稿: コロ | 2006年11月26日 (日) 00時49分

でも私はどちらかというとお医者さん方の味方です。
先生も以前記事にされていた奈良県の妊婦死亡の件も、その後あの産婦人科医がどう処分されたのか心配です。(心配してるだけで調べていませんが・・)過酷な勤務を度々耳にする産科医さんの事件だけに気の毒に思いました。それを分かっているはずの報道も、病院側を悪として情報を流していたからです。まだ詳細も判らないうちに。

確かに「仮眠室にいた」と聞いた時は驚きました。でも、以前ニュース23で観た確か九州の産婦人科医は朝から夕方までの外来診察の後、入院病棟を回診し、分娩に立会い、食事中も仮眠中も容赦なく呼び出されていました。結局24時間以上もの勤務時間の後やっと解放されていました。このお医者さんのように、彼も何十時間もの労働の後、重症の妊婦を他の病院へ受け入れてもらうように誰かに托し、倒れこむように仮眠していたとしたら・・・・とても彼を責めることなど出来ないと思いました。
私には医療的判断がどうたったか、他の病院の受け入れ態勢とか専門的なことは分かりませんし、もしかしたら彼は本当にただ無責任な人だったかもしれませんが、過酷な労働条件で止むを得なかったと判明し、判断をされ、一人でも欠けたら困るこの貴重なお医者さんが通常の勤務を続けていられたら、と願います。
勤務開始から20時間以上経った後の緊急事態、判断力鈍りますよね。

私は情報集めにいろんなHPやブログを見ています。ただなぜかここに来ると切なくなってしまうのです。ごめんなさい。でももちろん、先生個人の幸せと健康が一番大切なことだと思っていますし願っています。先生個人が幸せでないと患者さんに優しく接する事すらできなくなってしまうのか、と痛感しているからです。先生の仲間のお医者さんたちはきっとこのブログを訪れると元気になるだろうな、と本当に思うのです。忙しくたって日々の生活を楽しめるのだと。

投稿: Chopin | 2006年11月26日 (日) 01時52分

私も俊ママさんと同意見です。
普段の診察だけでなく、当直に大学病院での手術、
不妊クリニック設立、学会での発表・・・
このブログに書かれた何倍(何十倍?)ものお仕事を
先生はこなされているのだと思います。
それでも、診察室ではゆっくり話を聞いて
疑問があれば丁寧に説明してくださる先生。
そうやって優しい気持ちで患者さんと向き合えるのは、
どこかで心休まる時間がなければ難しいですよね。
先生がご家族やお友達と楽しい時間を過ごされた記事を読むと、
なんだか安心します。
お医者さんと患者さんとの距離を近づけてくれるような
楽しいブログ、これからもお願いします。

投稿: K | 2006年11月26日 (日) 11時29分

皆さん心優しいコメントありがとうございます。
それにchopinさんが、いろいろ現在の産科事情に理解していただいているようでうれしくなり安心しました。
私は、今の医療のあり方、患者様の医療に対するとらえ方など、変えなければ、変わらなければいけないことが多いと考えています。
このブログはその一歩であります。
私を取り巻く環境は、他の産科医療に携わる方と同様、問題が山積です。
この地域で、私より若い産科医はいないのです。これからもおそらく・・・
私が頑張らなければ、この地域の周産期医療は崩壊するでしょう。(お産するところが本当になくなります)
私は人一倍強いメンタリティーを持っています。
皆さん安心してください。
これが、このブログでの大きなメッセージのひとつです。
いつか、このことについてもきちんと語りたいと思います。
今回は良いチャンスだったので、少しだけコメントさせていただきました。

投稿: 雲流 | 2006年11月26日 (日) 18時34分

私も先生には今まで通りブログの内容は変えずに頑張ってほしいと思います。私は不妊ですが、少しも切なくなんてありません!!
今、多いみたいです・・・人のブログを羨んでチョッカイだしたくなっちゃう人が!!
切なくなるのなら来なければいいと思います。わざわざコメントまでしてるし。

投稿: ミニー | 2006年11月26日 (日) 22時23分

やはり先生は、院長先生をお父様に選んで生まれて来られた方なのですね^^
院長先生には2回診て頂いただけですが、毎回響く言葉をくださる方だなぁと、思ってました。
1回目は、初めて受診の時。『不妊治療は、副院長が専門的に研究しているから安心してくださいね』と温かい笑顔で。
副院長を1人の人として信頼しているんだなぁ。と感じました。
2回目は、出産後、回診時。看護婦さんが『このような治療で、生まれたんですよ』
『よかったですね。赤ちゃんは、かわいいですか?』温かい笑顔で。ただ、ただそれだけなのに涙があふれました。
そして、お話になるリズムも心地よくて。。。

生活の為の適職、人に喜びを与える天職とあるといいますが、まさに天職なのでしょうね。
多くを語らなくても、一言でこんなにも幸せな気持ちにしてくださいました。
たくさんの、いろんな経験があってのことですよね。
私もそんな人になっていきたいです。

一生懸命、真剣に体を動かしていないと、寂しい言葉が口からこぼれます。
最近、そんな反省をしたところでした(^_^;)
目標に向かって、いろいろな経験をして、一歩一歩、目の前の事から進めていきましょうね。
まさにマラソン!?


投稿: 雪あさま | 2006年11月27日 (月) 17時16分

またまた、おじゃまします。
私も最近、日記を付け始めました。
毎日区切りもなく過ごしていると、頭と気持ちがごちゃごちゃになってしまって。
集中力が欠けてきたり、物忘れがふえたり。。。
年や、物のせいにしたりして不満を口にしてたり。。。
なので、うれしかった事、反省した事、第三者的に自分を分析してみたり、明日の予定を書いたり、子供のステキな言葉を記してみたり..まとめるという事ではじめてみました。
ブログは、いろんな意味でステキですね。
読み手は、本を読んでいる感覚。
本の良いところは、その時の自分がそのまま感じられることですよね。あとで読んだら違う感想だったりして。。。
みんなそれぞれ感じ方が違うから良いなぁと思ってます。
対自分だから、ありのままですね。
書き手は、公開することにより、自分を鍛えたり、第三者的判断ができたり...他たくさんあるでしょうね。
日記なので、今目の前にあることに、あらためて感謝したり、
時には、ぐちってみたり。。。もありますよね。
で、あとで読んで恥ずかしかったりして(^_^;)それもまた良し、ですね。

投稿: 雪あさま | 2006年11月27日 (月) 18時38分

感想と問題提起をしたつもりが、思わぬ反感を買い、言葉の暴力として何倍にもなって跳ね返ってきた。先生へのフォローと私への非難の言葉でひどく傷ついてしまいました。その分、最初に私が先生を傷つけてしまったんですね。そして先生を慕う方々までをも。もう余計なコメントはしません。ごめんなさい。

雪あさまさんて素敵な方ですね。どんな時もこんな風に穏やかに人をなだめられる女性になりたいと、心から思い尊敬します。

私は世の中の大変な産婦人科医の方々の助けになるような事がしたいとずっと思ってきましたが、どう考えても無理でした。直接の手助けをしたくても出来ません。だから先生方が勤務時間以外も、睡眠時間やプライベートな時間を割いてまで努力なさった結果生まれた子供達が殺される、という事件を1件でも減らすような活動をしようと目指しています。政府が少子化対策に必死になっている中、この一年何人の貴重な子供達が殺されたでしょうか。私は子供を少しでもたくさん産ませることよりも、せっかく産まれた子供をいかに守るかということが急務だと思うのです。特に親に殺される子供を減らしたいのです。母親へのフォロー機関があってもその手の届かないところでいつも悲惨な事件に発展してしまっているのです。私は自分の子供を持つ事にもうほとんど望みがありません。死んでしまいたいくらい辛くなった事もありました。でも、その分、人の子供、先生方が必死で産ませた子供達を守る活動に努力をしてみようと思ったのです。まだまだ参加状態だけど、今後は地方にまで活動を広めたいと。死ぬのはそれが終わってからでも遅くない。終わる頃には生きる希望も出来るかもしれない。こんな活動をしても産婦人科の先生方の助けにはならないかもしれないけど、なるのだと信じて。

ずっと先生のブログからの医療情報を拝見させて頂いてましたが、「切なくなるなら来なければいい」んですよね、確かに。お気に入りから削除します。先生、地域医療の為に、これからも皆さんの心の支えとなって頑張って下さいね。Do widzenia.

投稿: Chopin | 2006年11月28日 (火) 00時17分

とかく敷居の高い医師の多い中、先生の存在はとても近く、そちらの世界のことをわかりやすく話してくださったり、一方的でなく一緒に取り組む姿勢を示してくださっているところが、このブログでも診察室でも、よくわかります。私達との橋渡し的役割を果たしてくれているこのブログに感謝です。読み足りないくらい!

投稿: ジソ子 | 2006年11月28日 (火) 09時07分

多くのコメントありがとうございました。
文字だけの表現では、うまく感情が伝わらなかったりすることにブログでの情報交換の難しさを感じます。
私の思いも、コメントをいただくかたの気持ちも、多少の行き違いがあるのでしょう。
私のブログで傷ついたり、悲しい気持ちになったりする方がいればごめんなさい。でも情報発信は、続けていこうと思います。
これからもよろしくお願いします。

投稿: 雲流 | 2006年11月28日 (火) 11時31分

 不妊治療、妊娠出産を通じて副院長の明るさ、前向きな姿勢に救われたし励まされた者です。
 パンチェッタの写真とコメント見て、自分は飲めないのにワインを買ってきて、飲んでる主人とおしゃべりしながら夫婦っていいな♪って思いました。
 私たち夫婦のロールモデルとしてこのブログを楽しみにのぞいています。こういう夫婦もいるってことで・・・。
 

投稿: ぷりんちょ | 2006年11月28日 (火) 13時04分

ブログ、続けてくださいね。
よろしくお願いします。

投稿: m.s | 2006年11月29日 (水) 00時42分

確かにブログは難しいですね。ブログ制作者だけでなく、ちょっとした投稿が人を傷つけてしまうのですから。でも「切なくなるなら来なければいい」とは先生も決っして思っていないはず。それでは無責任ですものね。個人的なブログとはいえ、先生はお医者さんとして医療情報を発信しているのですから。私も病気の事を調べながら何度かここに到達しました。他にも藁をもつかむ思いで医療情報を集めながらこのブログに到達する人がたくさんいると思いますから。

確かに子供を持てない者としては切なくなる記事もたくさんあります。でもやはり欲しい情報が載っていたり、切なくなりながらも、私は楽しませて頂いています。先生の日々のご苦労も伝わってきます。自分への勇気にも繋がり、感謝しております。

でも雪あさまさんはもちろんのこと、先生を必死にかばう患者さん方、素直に謝罪するChopinさん。全てを心温まる思いで読ませて頂きました。先生も真剣に両方のコメントを受けてくださっていましたね。でも本当は「雲のように」漂ってほわっとしたブログをしていたいだけなのでしょうが・・・。たまには激論もいいではありませんか。
これからも楽しみにしていますね。

投稿: 海 | 2006年12月 9日 (土) 15時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101056/12819986

この記事へのトラックバック一覧です: 今日も当直:

« 子育てサークル2 | トップページ | 平成不妊研究会 »