« 周産期医療 | トップページ | 無資格助産事件 »

2007年1月30日 (火)

あるあるってないない

あるある大事典の事件、ひどいですね。

以前から思っていましたが、日本のマスコミはひどいです。

TVも新聞も、週刊誌も、みんなだめだめですね。

読者視聴者が、喜ぶように記事を提供、事実を歪曲して伝えることが当然として行われています。

自分の専門領域の報道では、それが良くわかります。

え~そのことを、そんな風に報道したら、みんな勘違いするよ~ということが良くあります。

そして、多くの場合、報道の方向性がみんな一緒です。

弱者救済、権力に対する抵抗、不正を正す。マスコミの使命です。でもそれは、世間受けする内容でもあります。昨今では真実をねじ曲げてでも、誰かを悪者に仕立て上げ、視聴率を稼ぎ、購読層をひろげようとしているようです。

美しくなくなってしまった日本の大きな原因のひとつは、マスコミに責任があると思います。

他者を批判することにより、食いつなぐマスコミには、自分自身により一層厳しくあってほしいと思います。

人気blogランキングへ

|

« 周産期医療 | トップページ | 無資格助産事件 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101056/13721103

この記事へのトラックバック一覧です: あるあるってないない:

« 周産期医療 | トップページ | 無資格助産事件 »