« さとうの会 | トップページ | 伊香保福一 »

2007年2月22日 (木)

あれから1年

福島県大野病院の事件からもう1年が経つのですね。

前置胎盤の帝王切開で、出血が多く母体死亡となったため、執刀した医師が逮捕された事件です。

最近では、マスコミも論調が変わってきた感じがありますが、ブログ上でも大野病院・加藤医師を支援する動きが広がっているようです。

http://tyama7.blog.ocn.ne.jp/obgyn/cat2780593/index.html

医療において、結果責任を問われると、どうしても萎縮医療になりがちです。

これは、医療においてまた患者サイドに立っても良いこととは言えません。

明日2月23日、第2回公判が開催される予定です。

皆さんにこの事件に関心を持ってもらい、日本の医療がこれ以上悪くならないように、私も加藤医師を支援していきたいと思います。

|

« さとうの会 | トップページ | 伊香保福一 »

医療」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101056/14008178

この記事へのトラックバック一覧です: あれから1年:

» 看護師による違法助産行為と助産師不足には直接の関係はないでしょ! [Candysays’s Diary]
助産師資格のない看護師に助産行為をさせている産科医院、病院産科は昔から存在しています。また、助産師資格のない看護師が助産行為を行った分娩における事故に対する民事訴訟も増加傾向にあります。そんななか、無資格者に助産行為をさせていた容疑で神奈川県横浜市の堀病... [続きを読む]

受信: 2007年2月23日 (金) 16時22分

« さとうの会 | トップページ | 伊香保福一 »