« 花相似たり | トップページ | 太り気味 »

2007年4月10日 (火)

君が代

君が代は 千代に八千代に

さざれ石の 巌となりて

こけのむすまで

先週突然知り合いの先生から連絡がきました。

高崎准看護師学校の運営委員への就任要請でした。

地域社会における医療を支えるには、多くのボランティア的仕事があります。

学校の講師や運営、医師会の各委員会の運営などです。

これから少しずつ負担が増えていくことでしょう。

人は、請われているうちが花だと思い、できるだけ協力していこうと思っています。

という訳で、今日は准看護師学校の入学式に、仕事を抜け出し行ってきました。

新しい道を進もうとする若者達から、エネルギーをもらった感じです。

そして久々の国歌斉唱に、心を震わせてきました。

やはり国歌はいいです。(右寄りな訳ではありません)

国歌がいいなと思ったのは、日本で開催されたサッカーワールドカップを見に行ったときです。

見知らぬ人たちが、日の丸と君が代で一体となりました。

国旗と国歌は、国の象徴であり基本です。

私はこの国を愛しています。そして案じています。

愛国心を持てる国であって欲しいと思います。

人気blogランキングへ

|

« 花相似たり | トップページ | 太り気味 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101056/14634870

この記事へのトラックバック一覧です: 君が代:

« 花相似たり | トップページ | 太り気味 »