« 看護師内診問題 | トップページ | 花相似たり »

2007年4月 6日 (金)

迷走する内診問題

興味のあるひとだけどうぞ。

先日書いた内診問題ですが、あれから一転、産婦人科医会の内診許可のガイドラインが、HP上から削除されました。

http://www.asahi.com/life/update/0403/TKY200704030317.html

まさに朝令暮改です。

厚労省医政局長の通達を受けて、産婦人科医会が医政局に確認して作ったと思われる、看護師内診許可のガイドラインは、

おそらく看護協会と助産師会の横槍により、つぶされました。

土壇場で逆転負けです。

詳しくは、http://d.hatena.ne.jp/Yosyan/20070404

このままなら、分娩数の48%を占める診療所の多くが、分娩を取りやめなければならなくなるでしょう。

いったいどうなるのでしょう。

先程、産婦人科医会副会長から直々に連絡がありました。

「看護師の内診は大丈夫です。」

信じていますが、今後世間のコンセンサスは得られていくのでしょうか?

厚労省看護課と看護協会は依然として、認めない姿勢を崩していないけど大丈夫なのでしょうか??

どうなるニッポン!

人気blogランキングへ

|

« 看護師内診問題 | トップページ | 花相似たり »

医療」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。
とある産科個人病院で看護師として働いている者です。
ウチの職場でもこの問題で先生方は頭を抱えていました。
そして先日、ちょうどこの記事が書かれた頃と同じ時期に、院長から「看護師の内診については大丈夫」と入院時の内診は助産師か医師が行なうコトを前提に看護師の内診についての許可が出ました。

ただ、厚労省看護課や看護協会が認めていない以上、私は内診にできる限り携わりたくないと私は思いました。
でも現場においては、それが必要とされているコトも十分理解できます。
学校で内診は助産行為であると教わってきた世代なので尚更だと思いますが、結局そんなジレンマで今ではお産に入るのが億劫ですらあります。
今では患者さんも「助産師さんですか?」と聞いてくるコトも増え、隠れてコソコソとしているようで精神的にも疲れてしまいます。
内診できる・できないに関わらず、看護師として胸を張って働くことのできるよう、現状に見合った法の整備をして欲しいと願うばかりです。

※長文で愚痴まじりのコメントでスミマセン

投稿: ユーリ | 2007年6月13日 (水) 01時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101056/14580183

この記事へのトラックバック一覧です: 迷走する内診問題:

« 看護師内診問題 | トップページ | 花相似たり »