« 教授退官記念パーティー | トップページ | 当直しなくて済んだので »

2007年5月28日 (月)

現場がギブアップ

<医師人口比>日本、20年に最下位へ OECD30カ国中

5月28日3時7分配信 毎日新聞


 人口1000人当たりの日本の医師数が、2020年には経済協力開発機構(OECD)加盟30カ国中最下位に転落する恐れがあることが、近藤克則・日本福祉大教授(社会疫学)の試算で分かった。より下位の韓国など3カ国の増加率が日本を大きく上回るためだ。日本各地で深刻化する医師不足について、国は「医師の地域偏在が原因で、全体としては足りている」との姿勢だが、国際水準から懸け離れた医師数の少なさが浮かんだ。
 OECDによると、診療に従事する03年の日本の医師数(診療医師数)は人口1000人あたり2人。OECD平均の2.9人に遠く及ばず、加盟国中27位の少なさで、▽韓国1.6人▽メキシコ1.5人▽トルコ1.4人――の3カ国を上回っているにすぎない。
 一方、診療医師数の年平均増加率(90~03年)はメキシコ3.2%、トルコ3.5%、韓国は5.5%に達する。日本は1.26%と大幅に低く、OECD各国中でも最低レベルにとどまる。各国とも医療の高度化や高齢化に対応して医師数を伸ばしているが、日本は「医師が過剰になる」として、養成数を抑制する政策を続けているためだ。
 近藤教授は、現状の増加率が続くと仮定し、人口1000人あたりの診療医師数の変化を試算した。09年に韓国に抜かれ、19年にメキシコ、20年にはトルコにも抜かれるとの結果になった。30年には韓国6.79人、メキシコ3.51人、トルコ3.54人になるが、日本は2.80人で、20年以上たっても現在のOECD平均にすら届かない。
 近藤教授は「OECDは『医療費を低く抑えると、医療の質の低下を招き、人材確保も困難になる』と指摘している。政府は医療費を抑えるため、医師数を抑え続けてきたが、もう限界だ。少ない医師数でやれるというなら、根拠や戦略を示すべきだ」と批判している。【鯨岡秀紀】
**************

世界最低基準ですね。

数だけで全てはいえないですが、今世間から求められている医療を実践しようとすると、コストも人的パワーも非常にかかります。

このままの医師数ではやっていけないので、ぜひ増やす方向で国に考えて欲しいです。数少なくてもやっていける根拠も戦略もあるはずがありません。

現場が無理って言っているのだから。

それにしても、日本での医療に対する要求は年々高まっています。

ほとんどコンビニ状態です。「金払っているのだから、いいだろう」という感じが増えています。

戦後バブルを経験してきた、消費世代の特徴と分析する人もいます。

しかし、度重なる医療費の削減政策により、今の医療は「安かろう悪かろう」の悪循環に陥りつつあります。

最近は100円ショップだって、いいもん売っているのに、お金も入ってこない、人もいないでは、絶対いい医療はできません。

いい医療をするために、お金を稼ぐ。これは悪いことではないですね。でも今までは、タブーとされてきました。

私の友人の整形外科医は、ホテルの経営を計画しています。

「なんでそんなことするの?」と聞いた所、「余裕を持って患者さんを診たいから」との答えでした。

良く判ります。他で稼いで、医者はボランティアで、理想ですね。でもそんなことができるのは稀です。

働いた対価を得られなければ、リスクを負いながら医療をする人も少なくなるでしょう。

その辺も今後国に考えていってもらいたいことです。いや皆さんに考えていってもらいたいことです。

医療崩壊はもう始まっています。

|

« 教授退官記念パーティー | トップページ | 当直しなくて済んだので »

医療」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101056/15237501

この記事へのトラックバック一覧です: 現場がギブアップ:

« 教授退官記念パーティー | トップページ | 当直しなくて済んだので »