« ノーフォールト感想 | トップページ | エホバの証人 »

2007年6月17日 (日)

風車

風車

いい天気です!

今日のランニングは、珍しくコースを変えてみました。

烏川を渡り、高崎高校から護国神社の横を通り、観音山を登っていきました。くだりは、廃墟と化したカッパピアを横目に、洞窟観音を過ぎ、なぜかホテルヨコハマを通り帰ってきました。

写真は、途中のレストラン“風車”です。

高校の頃、体育の時間走ったコースです。

高校の体育は、春はマラソン、夏水泳、秋に陸上、冬ラグビーと決まっていました。単純です。

大体体育の時間は観音山一周、それが”風車コース”です。たまに“逆風車”といって、逆回りすることもありました。

高校の頃は、マラソンは大嫌いでした。よく走ったふりをしてサボったものです。

そんなことを考えながら、山道を登ってきました。結構足にきました。

人気blogランキングへ

ランニング距離【7】km

|

« ノーフォールト感想 | トップページ | エホバの証人 »

マラソン」カテゴリの記事

コメント

私もこのコースたまに歩きます。地元じゃないので先生の母校のマラソンコースとは知りませんでした。今朝は運動広場のような所をゆっくり走り、夕方は主人と清水寺石段のアジサイを見に行く予定です。「台湾烏龍茶 芳泉」にも行ってみたいですがどうなんでしょうかね。
話は変わりますが、「ノーフォールト」読みました。今、産婦人科関連にとても関心があるのでグイグイ引きこまれて読み、リアリスティックな描写は自分のお腹に意識が集中してしまいましたがじっくり読みました。
日ごろ先生の病院とクリニックで先生やスタッフの方々にお世話になり、信頼し、安心して通っている私としては、このような医療が受けられなくなる日が来て欲しくないと願うしかありません。本にもあるように、患者や家族が尽くしてくれた先生を恨むなんて本来はないはずと思いたいですし、私はどんなに過酷な勤務でも親身に話を聞いてくださる先生方に、どう感謝の気持ちを表したらいいのかといつも考えています。どの分野でもクレーマーの多い時代ですが医療で同じことをしていたら本当に崩壊してしまいます。
これ以上産婦人科の先生のなり手がいなくなる前に、無過失保障制度が日本で適用になるといいと思います。お産はきっとすばらしいんだと想像できますし、これから医者を目指す方が過重労働と訴訟を避けるために産科を選ばないなんて、女性としては悲しいことです。
余談ですが、先週末入院したときに診ていただいた女医さんが
柊先生とダブって見えました。優しかったです。登場人物がみんな人間味あふれ、魅力的でモデルがいるのかなと思いました。
最近、治療の回数を重ねていくにつれ怖くなることが多かったのですが、忙しい中で一生懸命にしてくださる先生に迷惑をかけないように強い気持ちで望みたいと気持ちを入れ替えるつもりです。と言ってできなかったらごめんなさい!

投稿: YK | 2007年6月17日 (日) 11時42分

時々登場!おじゃまします。
かなりの坂道。すごいですね。車でいっても
「頂上まだ~?」って感じなのに・・・
春のマラソンは桜がきれいでしょう。
高校生は桜なんか見ないですね。ヨコハマの方が
気になっちゃいますね。

風車。大きな牛タンが出てきてびっくりした
思い出があります。

投稿: モコモコ | 2007年6月18日 (月) 20時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101056/15462224

この記事へのトラックバック一覧です: 風車:

« ノーフォールト感想 | トップページ | エホバの証人 »