« ジムでのプレッシャー | トップページ | 周産期搬送システム »

2007年9月11日 (火)

当直の過ごし方

昨日は当直でした。

ちょこちょこ3時間くらい眠れました。

産婦人科当直は忙しいといっても、それなりに時間があります。

日常業務を終え、夕飯を食べれば後は自由です。

今度の当直のときは、「あの論文を読もう」とか、「学会の準備をしよう」とか、「研究のデータをまとめよう」とか、いろいろ思うのですが、ちょこちょこ仕事の連絡が入ると、なかなか身が入らず、結局「夜中に分娩になりそうだから今のうちに寝ておこう」ということになることが多いです。

だめですね~

それにしても、若い頃毎月10-13回くらい当直をしていた時は、夜中起こされても、またすぐに眠れたのに、最近は一度起こされると、なかなか寝付けないのは、年をとったからなのでしょうか?

以前より、当直の翌日の勤務が辛く感じるのは、眠れないせい?それとも年をとったから?

いつまで、36時間勤務を続けなければならないのかと思うと、ちょっとげんなりします。

ネガティブな気持ちも、当直明けの寝不足だからでしょう。

今日は、早く寝れるといいな~

人気blogランキングへ

|

« ジムでのプレッシャー | トップページ | 周産期搬送システム »

医療」カテゴリの記事

コメント

年をとったからだと思います

投稿: もってぃ | 2007年10月20日 (土) 22時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101056/16413517

この記事へのトラックバック一覧です: 当直の過ごし方:

« ジムでのプレッシャー | トップページ | 周産期搬送システム »