« トラックバックのゆくえ | トップページ | 佐々木夫妻の仁義なき戦い »

2008年2月29日 (金)

代理出産

先ほどNEWS ZEROで、代理出産の問題を取り上げていました。

代理出産 : 生れつき子宮のない女性や、子宮がんなどで子宮を摘出した女性が、自分の卵子と夫の精子で体外受精を行い、第三者の子宮に受精卵を移植し、出産してもらう方法。

子宮のない女性にとっては、唯一自分の子を持つ方法です。

この方法に対して、以前より日本産婦人科学会は会告として禁止としていました。

このたび、日本学術会議が、法的に禁止すべきというパブリックコメントを出す方向となりました。

世論調査では、代理出産容認が50%を超えていたにもかかわらず、禁止の方向の結果はなぜなのでしょう。

代理出産には、いくつかの問題があります。

子宮のない女性にとって福音であることは間違いありませんが、そのため犠牲となる問題が多く残ります。

倫理的な問題、家族関係の複雑化や、子供が事実を受け入れられるか等色々いわれていますが、一番の問題は、代理母となる人だと思います。

妊娠出産は、命がけの一大事です。

50歳を超えた母(祖母になる人)に、代理母を頼むなんてことは、絶対間違いです。

その人が、出産で亡くなってしまったら、頼んだ家族はどうするのでしょう?

では、リスクの少ない若い第三者に頼むのはどうでしょう?

お金で赤の他人に子供を生ませるリスクを負わせているのが、代理出産を容認している他国の実情です。

でも、本当に心配なのは、善意の圧力です。

子供がほしい子宮のない親戚の女性がいたとします。親戚の中で自分だけが代理母になる適任だった場合、あなたはどうしますか?

生死を賭して、その人のために子供を生んであげることができるでしょうか?

親戚中から、「あの人がかわいそうだから、あなたが生んであげなさい」と、無言の圧力を受けることになるでしょう。

本当は、嫌なのに、嫌と言えない、そんな状況にならない保障があるでしょうか。

代理出産に伴う問題は、予想以上に大きいと思います。

TVでは、みんな当たり障りのないよう子供ができない人の味方をする意見が多い感じがします。

不妊治療を行う医師として、子供がほしいと思う気持ちは、よくわかっているつもりですが、他の誰かにリスクを負わせなければならないのであれば反対です。

誤解を恐れず言います。

私は、代理出産には反対です。

人生、何かをあきらめなければいけないこともあります。そうすることによって、違う何かを得られるのではないでしょうか。

難しい問題ですが、皆さんはどのように考えますか?

追記

ただ、それを法的に規制するかどうかはまた別の問題です。

状況が許せば、代理出産に適合する場合も十分考えられます。

特例を設けるなり、条件を設定するなりして、可能性を残しておく必要はあるかもしれません。

|

« トラックバックのゆくえ | トップページ | 佐々木夫妻の仁義なき戦い »

医療」カテゴリの記事

コメント

代理出産の問題はかなり難しいですよね。私も反対派です。自分たちの子供は欲しいのは分かるけど、第三者に迷惑をかけてまでする事ではないと思います。子供がいない夫婦は結構います。でもみんな二人で仲良く暮らしています。向井亜紀さんの例からいってもいろんな人を巻き込んでしまうことなので、議論は必要だと思います。

投稿: すみりん | 2008年2月29日 (金) 07時59分

私も代理出産には反対です。
妊娠出産は命がけです。私は身をもって体験しています。どんなに健康な人でも、最後の最後まで何があるかわからないのが出産だと思います。「どうして出産を人に頼めるのだろう。10月10日経てば、自然にポーンと生まれてくるモノと思っているのだろうか。」その記事に触れるたびに思っていました。世論の50%以上の人が代理出産に賛成との記事も、不思議で仕方がありませんでした。
ただ「善意の圧力」との考えまでには及びませんでした。そんな問題もあるんですね。

投稿: ひまわり | 2008年2月29日 (金) 23時08分

不妊治療をしている者からの意見としては、  金銭問題は別として、最後の手段に代理出産が許されるのであれば、それも有りかな?なんて考えた事もあります。私と結婚していなければ、夫は子供をもてただろうと申し訳無く思うのです。  
でも代理出産の為に、誰かの命が危険にさらされるのであれば、やはりするべきでは無いですね。                       夢物語として聞いて下さい。将来医療技術がとても発達して子宮の代わりに赤ちゃんまで育ててくれる魔法の培養機が開発されたら・・・なーんて有り得ない話ですが、こんな事まで想像してしまうのです。 

投稿: m.to.y | 2008年3月 1日 (土) 22時46分

精子のない男性のために、第三者からの提供精子による人工授精は許されています。
また、卵子がない方には、提供卵子による体外受精もおおむね了解が得られています。
お願いする(精子提供や卵子提供)相手の方への侵襲度が問題になるのだと思います。
それに比べると、代理妊娠出産は非常にリスクが高いですね。
また、代理といっても、赤ちゃんは10ヶ月おなかにいて五感で母を感じ取っているそうです。DNAが違うからといって、やはり産んだ人は赤の他人と言うわけにはいかないですね。
私の大学時代の亡きボス(教授)の夢は、人工子宮でした。当時ヤギを早産させ、水槽の中で育てる研究をよく手伝いました。
そんな夢みたいなことができるようになれば、問題もなくなりますね。

投稿: 雲流 | 2008年3月 2日 (日) 02時26分

人工子宮。私も実は10年来夢見ておりました。科学と医学のひとつの可能性として。こんなこと思うのはマッドドクターかな、と心配していましたが、同じ発想のドクター、いるんですね。ホッ。
でも子供を10ヶ月おなかの中で育てて分娩するという経験も、正常にそれができる母体であれば、子育ての下地をつくる良い経験になりますよね。
提供卵子による体外受精てOKなんですか。初めて知りました。誰でも提供できるんですか?
ヤギの水槽も気になります。羊水と同じ成分の水の中で育てるんですか。臍帯はどこに?栄養はどこから?
気になるところだらけの日記でした・・。

投稿: べんた | 2008年3月 5日 (水) 00時22分

代理母になったことのないあなたが、
なるつもりもないあなたが、
代理母におとずれるであろう諸問題について「犠牲となる問題」と表現するのはおかしい。
代理母は被害者ではありません。

「妊娠出産は、命がけの一大事。」

確かにそうです。
でも、あなたの考えは
「子宮をなくした女性は、それを自分の運命として受け止めるしかない」と言い切って大批判された学術学会の長老と同じです。
知ったかぶりで偽善ぶった答えを書く前に、よく考えて下さい。
女性の意見とは思えません。

「50歳を超えた母(祖母になる人)に、代理母を頼むなんてことは、絶対間違いです。」

そうでしょうか?
あなたは子宮をなくした娘の母と話したことがあるのですか?
こういった第3者の目にも触れる可能性のあるブログで
「絶対に」という表現を使うあなたを心から軽蔑します。

見も知らない赤の他人に、こんなにも不愉快な思いをさせてよく平気でいられますね。
このブログの無神経さには心から驚かされました。

「不妊治療を行う医師として、子供がほしいと思う気持ちは、よくわかっているつもりですが、他の誰かにリスクを負わせなければならないのであれば反対です。」

あなたはわかっていない。
あなたのような医師に治療を受ける患者に、心から同情します。
あなたのように想像力のない人間が周りの人を傷つけるんですよ。

投稿: hana | 2008年3月30日 (日) 16時22分

私は代理出産に反対ではありません。
発言内容の追記に「ただそれを法的に規制するかどうかはまた別の問題です。状況が許せば、代理出産に適合する場合も十分考えられます」というのは、法的にも状況が許せば、病院のため(お金のため)に行いますよ、と聞こえます。「人生何かをあきらめなければいけないこともあります。そうすることによって、違う何かを得られるのではないでしょうか」と言う発言は、リスクの高い不妊治療をしている人にも当てはまります。人間可能性があるならば、すがりたくなるものです。
そのような発言に不適切さを感じました。

投稿: ももこ | 2008年4月 3日 (木) 11時14分

 私は代理出産に反対でも賛成でもありません。ただ、もしも自分の子供の為であれば代理出産を行うかもしれません。代理出産に関しては色々な意見があると思いますがほぼこのブログの意見と同じ考えです。
 なのでhanaさんの意見には少し驚きました。そして最後の言葉はショックでした。私は先生に不妊治療を受けていたので先生のことをあんなふうに言われたのは悲しくなりました。私は先生に治療を受けて本当によかったと思っています。先生はたくさんの患者さん達を診て話をしたうえでの意見なので子供を持てない人達の気持ちはかなりわかっていてくれると思いますよ。

投稿: まり | 2008年4月 7日 (月) 16時45分

あたしは代理出産、賛成です。代理出産を了承してくれる方がいるなら、双方がリスクも何もかも受け入れているのなら、そこに第三者が介入することのほうに疑問を感じます。あたしの大切な人にもし子宮がなかったら代わりに産んであげたいと思うだろうな。
賛成、反対いろいろあって当然です。そしてそれを議論することはとっても大切なことだと思います。だけど、コメントされた方でブログの内容や表現に対する批判ばかり述べるのはどうかと思います。何が言いたいのか何を思って書いたのか全く理解できません。それではせっかくのあなたの思いも伝わりませんよ。

投稿: うめ。 | 2008年4月18日 (金) 20時24分

私は医療事故で20代で子宮を失いました。
代理出産はしていませんが代理出産という方法がある事で、『もしかしたら私にも子供を持てるかも』という希望が生まれ、自殺することから踏みとどまっている状態です。
やっぱり代理出産は駄目なのでしょうか。これが私の運命で遺伝子の繋がる子供を持ちたいと思うのは単なるエゴでしょうか。 子供が欲しければ里子をもらえばよいのでしょうか。
子宮のない人や子宮奇形でない人でない限り、この苦しみはわからないし、公の場で語る権利がないと思います。

先生の奥様に子宮がないとしたら同じ事はブログに書けないと思いますよ。

投稿: | 2009年11月 3日 (火) 14時17分

ふざけるな
不妊がどんだけ辛いのか

投稿: まほこ | 2010年6月29日 (火) 22時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101056/40307104

この記事へのトラックバック一覧です: 代理出産:

« トラックバックのゆくえ | トップページ | 佐々木夫妻の仁義なき戦い »