« 白衣観音慈悲の御手 | トップページ | 雲の数え方 »

2008年6月 3日 (火)

出生率上昇

07年の出生率2年連続上昇、出生数は微減 出産期人口減少影響


 2007年の合計特殊出生率(1人の女性が生涯に産むと推定される子供の数)が2年連続で上昇し、1.33―1.34程度となったことが分かった。微減だった出生数に対し、出産期にあたる女性の人口の減り方が大きく、1人当たりの数値を押し上げた。出生数が増加した06年とは異なる比率上昇で、改善傾向の定着とは言えない面もある。官民一体の少子化対策は引き続き課題だ。

 合計特殊出生率は出産期と位置付ける15歳から49歳までの女性の年齢別出生率を足したもの。出生率は出生数を女性の人数で割って算出する。05年まで5年連続で低下して過去最低の1.26となったが、06年は1.32に急回復。厚生労働省が6月上旬に発表する07年の出生率は、前年より0.01―0.02ポイント程度上昇したようだ。

 07年は出生数が11月までの集計値で100万人弱にとどまり、年間では06年の109万人を下回ったもよう。減少は2年ぶり。一方、出産期の女性人口は2698万3000人で、前年から18万人余り減った。こうした動きが統計上の出生率上昇につながった。

[2008年6月1日/日本経済新聞 朝刊]

職業柄少子化問題には、非常に関心があります。

すぐにどうしたらよいかは、分りませんが、何とかしていかなければならない問題だと思います。

晩婚化、経済的問題、父親の育児参加の必要性や女性の働く環境の問題など、色々な要素があり、総合的な対策が必要だとは思いますが、では、自分には何ができるのだろうと考えてみるとなかなか難しいものですね。

昨年と一昨年には、マタニティールネッサンスというイベントに参加してきました。

父親の積極的な育児参加が、少子化につながるというデータもあるようで、イベントでは、「私もなんとか育児参加しているつもりだが、なかなか妻に及第点もらうのは大変」といった話をしてきました。

最近は、妊婦健診で病院に来るときに、ご主人と一緒に来る方も多く、出産・育児に関して男性の意識も向上しているのではないかと思います。

どんなきっかけでもう1人子供を作ろうと思うか分らないので、とりあえず、分娩後1ヶ月健診に来たお母さんに、「早めに次の子供作ってね」と、冗談交じりに話したりしてみてます。

反応は人それぞれですが、「先生こそもう1人頑張ってください」と切り替えされたのには、「勘弁してください」でした。

|

« 白衣観音慈悲の御手 | トップページ | 雲の数え方 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

私もはやく自分の子供を持ちたーい・・・けれどその前に結婚しなければー(''!)

投稿: のの | 2008年6月 4日 (水) 10時16分

33歳で長女を出産(初産)ちなみに先生に立ち会って??(取り上げたのは助産婦さんだったかな??)いただきました・・・
近々二人目に挑戦するつもりです!!(私の場合は年齢と筋腫があるため先生に急げ!!とのことで)私は現在働いています。会社経営しているためかなり忙しいです。夫は東京へ通勤毎日ほぼ終電・・・ですが私の両親と同居なのでセーフ
同居でないことを考えたらかなりきびしいのでは
ないかと思いました・・・となると母親が育てやすい環境がなければ難しいですよね
(だから母親は頭のてっぺんから声をだして子供をしかったりするんですよね(笑))
それにしても4人子を持つ母親はどうやって育てているのか不思議です・・・一人でも大変なのに
教えて!先生!!

投稿: M.K | 2008年6月 5日 (木) 00時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101056/41415601

この記事へのトラックバック一覧です: 出生率上昇:

« 白衣観音慈悲の御手 | トップページ | 雲の数え方 »