« 生ハムとキノコのペペロンチーノ | トップページ | ヌーボー »

2009年11月 9日 (月)

一周忌

一周忌
恩師が急逝してもう一年です。

今日一周忌の法要が行われました。

いつも前しか見ていない上司でした。

この親分のおかげで、一人前の医者になれたと思います。

この一年、自分自身進歩はあっただろうか?

よりよい医療を行うために、努力はしてきただろうか?

成果はどれくらい上がったのだろう?

次の目標は?

今も、叱咤が聞こえそうです。

心の中で誓いました。

残してもらったものを、次につなげていく努力をします。

|

« 生ハムとキノコのペペロンチーノ | トップページ | ヌーボー »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

先生の癒えない悲しみをお察しいたします。その悲しみを、どうぞ後輩や家族、部下たちに体験させませんよう、お体を大切にお仕事してください。お願いします

投稿: lily | 2009年11月 9日 (月) 12時18分

武内先生に2003年に手術していただき、その後も半年に1度の定期検診を受けていました。
おごり高ぶることなく、常に患者の目線で話して下さり、とてもあたたかい先生でした。
患者を大切にして下さる先生でした。

大学病院より先生の長期入院のお手紙を頂いた時、何故こんなに素晴らしい先生がご病気にならないといけないのかと大変ショックでした。

1年半後の11月始めに検診に伺った時、次回の予約は武内先生の予約票に記されたので、復帰されると思い込み、先生にお会いできる日を楽しみにしておいたのです。

しかし、その直後にお亡くなりになられていたのですね。
こちらのブログで知りました。

大変悲しかっです。お人柄を尊敬し信頼する先生でしたので本当にショックでした。先生にお別れをしていないので、心の中でふんぎりがついていません。

でももう1周忌がすぎたのですね。

5番診察室へ行くと、まだ武内先生が座っていらっしゃるような気がしてなりません。思い出して悲しみが込み上げます。

患者も武内先生とお別れをしたかったです。
それができず、残念でした。

武内先生、患者に心向き合わせてあたたかく接して下さり、本当に有難うございました。
心よりご冥福をお祈り申しあげます。

投稿: ユリ | 2010年1月 5日 (火) 03時30分

lilyさま、ユリさま
温かいお言葉ありがとうございます。
故人の思いを胸に頑張っていこうと思います。
改めてご冥福を祈ります。

投稿: 雲流 | 2010年1月 5日 (火) 09時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101056/46715940

この記事へのトラックバック一覧です: 一周忌:

« 生ハムとキノコのペペロンチーノ | トップページ | ヌーボー »