« | トップページ | »

2014年4月 9日 (水)

今日は子宮の日

今日は、4月9日子宮の日です。

女性の健康、特に子宮頸がんについて正確な知識や予防の大切さを知っていただくための啓発活動の日です。

子宮頸がんは、子宮の入口にHPV(ヒトパピローマウィルス)が感染するために起こる病気です。若い女性に多く発症し、毎年3500人の方が命を落としています。早期に発見できれば、治療可能ながんですが、日本では検診率が非常に低いことが問題です。ぜひ毎年検診を受けていただく事をお勧めします。

最近では、検診で行う細胞診に液状スメアという新しい方法が導入されつつあります。これにより細胞をより観察しやすくなり、異常の発見率が上がります。またHPVそのものが感染しているか検査できるようにもなってきました。細胞診とHPV検査の併用検診を行う事により、子宮頸がんの発生が減少する事や検診間隔を延ばせることが期待されています。

子宮頸がん予防ワクチンは定期予防接種に指定されたにもかかわらず、現在積極的な接種が勧められていません。安全性が確認されれば子宮頸がん予防には高い効果事が期待されていますので、こちらの動向も見守っていきたいですね。

ぜひ多くの方に子宮頸がんや検診の大切さを知ってもらい、大切な命を守っていきたいと思います。

|

« | トップページ | »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101056/59438122

この記事へのトラックバック一覧です: 今日は子宮の日:

« | トップページ | »