« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »

2007年12月17日 (月)

胚移植上限2個に!

子宮に戻す体外受精卵は原則上限2個に…産科婦人科学会

12月15日21時22分配信 読売新聞


 日本産科婦人科学会(吉村泰典理事長)は15日、理事会を開き、体外受精で子宮に戻す受精卵の上限数を、従来の原則3個から2個とする会告(指針)の改正案を承認した。

 母子への危険性が大きい多胎妊娠を防ぐのが狙い。

 ただし2個戻した場合、依然として多胎妊娠の可能性が高いため、会告に「子宮に戻すのはできるだけ1個を目指す」と付け加える。今後、学会員の意見を聞いた上で、4月の学会総会で正式決定する。

 同学会は、多胎妊娠を防ぐため、子宮に戻す受精卵の数を会告で原則3個以内としてきた。

 しかし、最近の生殖医療技術の発展で、子宮に戻す数を1~2個に減らしても妊娠率は変わらず、すでに国内の不妊治療施設では2個以内が主流になっていることから、会告を改正することにした。

最終更新:12月15日21時22分

読売新聞
****************************************************
不妊治療における多胎妊娠は、妊娠中、分娩ともにリスクが高く、できるだけ避けなければなりません。
当院では、開院当初より、胚移植は1個としてきました。
それでも、高い妊娠率が出ています。
できれば、双子がいいという方や、できるだけ妊娠率を上げたいので2個戻して欲しいとお願いされる方もいらっしゃいますが、妊娠した後のことも考え、単一胚移植を勧めております。
妊娠がゴールではなく、始まりだからです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月 2日 (日)

体外受精したのに受精しない!

体外受精したのに受精しないことがあります。

卵の原因なのでしょうか?それとも精子?

どちらの場合も考えられます。

卵子には、周りに細胞を守るための殻があります。

これを透明帯と言います。

この透明帯が固かったり、厚かったりすると、精子が中に入れず、受精しない原因となる事があります。

固かったり厚かったりの原因は判りませんが、排卵誘発が問題だったり、年齢が問題だったり、たまたまなのかもしれません。

精子の原因も考えられます。

精子数が少ない方や、運動率が悪い方の場合、やはり受精率も悪くなります。

精子の頭の部分にある酵素で、卵の殻を溶かして中に入るのですが、この酵素が弱かったり、尻尾を振って前進する力が弱かったりが、殻の中に入れない原因です。

また、殻の中に入った精子が、卵とくっついても、精子からの卵を分割させる信号が弱い場合には、やはり受精しないことになります。

いろいろな原因が考えられていますが、それを証明するのは難しく、結局体外受精で受精しない場合には、顕微授精により受精させる方法をとることとなります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »