« 2008年3月 | トップページ | 2012年7月 »

2008年10月27日 (月)

凍結胚移植によるIVFで児の先天性奇形リスクは上昇しない

〔スペイン・バルセロナ〕コペンハーゲン大学病院Rigshospitalet(デンマーク・コペンハーゲン)のAnja Pinborg博士は,凍結胚を解凍後,子宮に戻す凍結胚移植(FER)で生まれた新生児は,新鮮胚から生まれた小児よりも出生体重が大きかったと,欧州ヒト生殖・胎生学会(ESHRE)第24回年次集会で報告した。母親の妊娠期間は長くなっていたが,児の先天性奇形リスクは上昇しないという。

神経学的後遺症のサブ解析はこれから

 Pinborg博士らは,1995〜2006年にデンマークでFER後に生まれた児1,267例を調べた。児を,(1)冷凍保存体外受精(IVF)後に生まれた(878例)(2)冷凍保存顕微授精(ICSI)後に生まれた(310例)(3)胚の作製方法が不明(79例)―の3群に分類し,同期間に新鮮胚を使ったIVF/ICSIにより生まれた1万7,857例を対照群とした。また,先天性奇形を含む児のアウトカムデータは,デンマーク国家登録から入手した。
 不妊カップルは胚を凍結することで,1回の採卵で数周期のIVF/ICSIを試みることが可能となる。凍結胚は後日融解され,排卵の3〜5日後に,新鮮胚と全く同様の方法で子宮に移植される。この技術により,卵巣刺激と採卵回数を少なくすることができる。
 同博士らによると,FER群の多胎妊娠率は同等(ICSI 11.7%,IVF 14.2%)だったが,新鮮胚群では多胎妊娠率がかなり高かった(ICSI 24.8%,IVF 27.3%)。母親の年齢はFER群で有意に高かった。妊娠期間は,FER群の母親で有意に長く,出生体重はFER群で約200g多かった。低出生体重の比率はFER群の児で有意に低く,早産率も低かった。
 同博士は「さらに,新生児集中治療室に入院した児の数もFER群で有意に少なかった。ただし,単胎出産に限定すればこの差は認められなかった。特に重要なことは,FER群で先天性奇形リスクの上昇が認められなかったことである。FER群の先天性奇形発生率は7.1%,新鮮胚群では8.8%であった」と説明。「凍結と融解が及ぼす影響について過去に懸念が表明されてきたが,今回の研究はその不安を払拭するものである。これまで,スウェーデンから大規模な出生登録をもとにした研究が1件あっただけで,データが限られていた。なお,その研究でも今回と同じ結果が示されている。われわれの知見は,特にスカンジナビア諸国では1個の胚移植がゴールドスタンダードと考えられていることから重要である。このことは,FERの施行が徐々に増えてきていることを意味するものだ。したがって,われわれは,FERが子孫に有害な影響を残さないことを確認したいと考えた」と述べた。
 さらに,同博士は「今回の知見はわれわれを安心させてくれるものである。しかし,先天性奇形とFERの神経学的後遺症に関するサブ解析はまだ行われていない。今回のポジティブな結果が今後も維持されれば,FERは全く安全な方法として受け入れられ,現在よりももっと頻繁に行われるようになるであろう」と結んだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年3月 | トップページ | 2012年7月 »