« 2012年7月 | トップページ | 2013年4月 »

2012年8月22日 (水)

卵巣年齢知ってます?

卵巣には、もともと決まった数の卵子があります。

それが毎月ひとつずつ排卵されていきます。
この卵巣にある卵子の残り数を検査するのが卵巣年齢と言われるAMH検査(アンチミューラリアンホルモン検査)です。

卵子の残り数が少ない女性は、あまりのんびりせず、早めの妊娠を心がけた方が良いことになります。
また不妊治療の場合には、この値により治療法や排卵誘発方法を決定することもあります。

タバコを吸う女性や子宮内膜症の女性、また卵巣の手術をしている女性は、卵巣年齢が悪いことが多いです。
どういった場合に卵子が少なくなったり、どうすれば少なくならないかなど、まだまだわかっていないことも多いですが、限りある卵子を守るため、食事や運動、睡眠など生活習慣に気をつけ、ストレスをためないようにすることはとても大切なことだと思います。


「タニタとつくる美人の習慣」という本に、“卵巣年齢を知って人生設計を立てる時代”というコラムを書かせていただきました。ぜひご一読ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月15日 (水)

体を動かしてみませんか?!

妊娠出産に備えて、必要なのは何と言っても体力!

適度な運動は、ストレスの解消になるだけでなく、身体や自律神経のバランスを整え、さらに筋力アップにより血行も良くなり、冷えの解消や卵巣機能が良くなる可能性も!

ちょっと体脂肪が多い方、また逆にやせ気味で筋肉の少ない方、どちらも妊娠しにくい体質と言えます。
適切な運動によりからだ作りを始めてみてはいかがでしょう。

ウォーキングなどの有酸素運動も効果的ですが、妊娠出産のことを考えると、筋力アップが最も重要です。
加圧トレーニングは、短い時間で無理なく筋力アップが望め、運動は苦手という人にも最適です。

通常のトレーニングより、若返りホルモンと呼ばれる成長ホルモンの分泌が盛んになるため、身体の代謝がアップ!

血行改善と筋力アップのみならずアンチエイジング効果も!
これから妊娠を考える人には最適なトレーニング法かもしれませんね。

佐藤病院では、専属(女性)トレーナーによる加圧トレーニングを行っております。
詳細予約はHP病院からのお知らせで!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月 8日 (水)

鉄分不足は不妊の第一歩

肩こりや頭痛、手足の冷え、不眠、疲れがなかなかとれないなど、そんな体の不調
を感じていませんか?


そういった症状は実は貧血、いわゆる鉄分不足から来ていることが多いのです。
貧血かどうかは血液検査のヘモグロビン値だけでなく体内の貯蔵鉄を調べるフェリチンで
も確認できます。
この貯蔵鉄が減ってしまうと、隠れ貧血と言ってさまざまな不調が引き起こされます。

鉄分が豊富な食材といえば、ホウレンソウやプルーンなどを思い浮かべますが、植物性のものは意外と鉄分を吸収しにくいので、ヘム鉄である動物性の鉄分のほうがおすすめです。
赤身のお肉やレバーなどに多く含まれるので、これらを毎日の食事にうまく取り入れるとよいでしょう。


貧血になると全身の血の巡りが悪くなり、子宮や卵巣への血液の流れも滞ってしまうので、気になる方は貧血の精密検査を受けて、鉄分が足りているかどうかを調べてみてください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月 1日 (水)

子宮筋腫は不妊の原因になる?

子宮筋腫は30代から40代に多く見られる婦人科の代表的な疾患です。

筋層内や、子宮の中にできる粘膜下筋腫は、生理痛や月経量の増加などの症状を引き起こします。
子宮の外側にできる漿膜下筋腫は症状もなく、大きくなるまで気がつかないことがあります。
子宮内腔を変形させる筋腫は、卵子の着床を障害するため妊娠しにくくなります。
またある程度の大きさの筋腫やその位置によっては、卵管の働きを妨げるため、排卵した卵子の卵管内への取り込みがうまくいかずやはり妊娠しにくくなります。


最近では筋腫のこぶだけを取る核出手術も大きさによっては、お腹を切らずに小さな穴を開けて行う腹腔鏡手術でできるようになっています。

なかなか妊娠しない場合や、妊娠後にトラブルになりそうな大きさの筋腫は、早めに核出手術を検討した方がいいかもしれませんね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年7月 | トップページ | 2013年4月 »