« 2013年5月 | トップページ

2013年6月15日 (土)

風疹がはやってます!

 

風疹は、 3週間の潜伏期間後、 発熱、発疹、リンパ節腫脹を特徴とする疾患です。今年に入り20〜40代にかけての成人感染者が全国的に急増しています。


妊娠20週頃までの妊婦の感染で先天性風疹症候群が出現することが最大の問題です。胎児の先天性心疾患、難聴、白内障、その他、低出生体重、血小板減少性紫斑病、髄膜脳炎、精神運動発達遅滞などが見られることがあります。


妊娠を考えている方は、予防のために抗体価検査をしてみましょう。抗体がある一定値以上あれば感染はしませんが、低値の場合にはワクチン接種をお勧めします。ワクチンを打っても効かない場合もありますので、効果判定のために再度抗体価検査をしたほうが良いでしょう。ワクチンは妊娠の可能性がないときに接種してください。また接種後は2ヵ月の避妊が必要となりますので注意しましょう。男性の感染が多いので、ご主人様の検査・ワクチン接種もお勧めです。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年5月 | トップページ