高崎ARTクリニック通信

2007年2月22日 (木)

クリニック開始1ヶ月

高崎ARTクリニックを開始して、もう1ヶ月が過ぎました。

心配していた開業も、大きなトラブルもなく何とか波に乗りつつあります。

会田院長はじめ、スタッフの努力のおかげだと思っています。

体外受精には、卵子の培養など、繊細な技術が必要ですが、すぐに妊娠例もでて、さらに続々と妊娠する方が出ているので安心しました。

今回のクリニックの培養部門は、高度生殖医療研究所の荒木康久先生に顧問をお願いし、精度管理をしっかりやってもらっているので、良い成績が出ているのだと思います。

このブログでも、クリニックのことも少しずつ紹介していこうと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)